遮光瓶

幅広い用途に使えるフッ素コーティング離型剤のメリットを知ろう

正確な離型を確実に行うにはフッ素系離型剤が一番のおすすめ

半導体

ハンドメイド品と違って、工業的に大量生産する製品は、製品ごとに厳密な規格があり、これに従って製造することが要求されます。同じ型番、ロットで製造される製品で、あるものは小さく、あるものは大きくなどといったばらつきが発生することは許されず、そのようなものが混じっていた場合は、市場に出される前に検品で不良品としてはじかれることになります。不良品は、要は利益を上げられない製品ですので、その分、製造コストを無駄にしたことになります。このような無駄が発生しないようにするには、規格通りに正確に成形できる金型と離型剤が不可欠です。
正確な離型という課題を考えると、離型剤は可能な限り薄塗りで効果を発揮してくれるものが望ましいです。この要請にずばり応えることが出来るのが、フッ素コーティング剤を用いたフッ素系離型剤です。フッ素系離型剤の効果は、フッ素樹脂塗膜によって付与される非粘着性という特性によるものです。そしてこの特性は、非常に薄い膜でも十分に機能してくれることが分かっています。
具体的に、どの程度の厚みの離型剤塗膜が必要になるのかについては、扱う素材などによって異なります。詳細は、フッ素コーティング剤の専門メーカーに相談してみると、実務上有益なアドバイスを得られるはずです。

余計な力を入れずに離型できるフッ素系離型剤を使おう

手の込んだ造りの製品ほど、扱いに慎重さが必要です。繊細なデザインの製品は、持ち運ぶにもそのままでは破損の危険があります。それを避けるため、クッション付きの特殊なケースに入れるなどして、壊れやすい部分に余計な力がかからないように、神経を使うわけです。
プラスチック製品の成形の際にも、同じような配慮が必要になるケースが少なからずあります。というのは、最近は高級品にプラスチック製品を部品として使う場合も多く、割れやすいスリムなもの、簡単に折れてしまう細くて尖ったものを成形しなければならないことも多いためです。このようなタイプのプラスチック部品は、成形から離型に至るまでの一連のプロセスで、可能な限り余計な力を加えずに作業を進める必要があります。
それを可能にしてくれる離型剤があるとすれば、フッ素コーティングの機能を活用したフッ素系離型剤でしょう。フッ素系離型剤の特徴は、金型に非粘着性という特性を与えることが出来ることで、これは他の成分を使った離型剤では真似のできないところです。非粘着性と名のつく通り、金型にプラスチック成分が粘着しないため、大きな力を加えずとも、型から製品を取り出すことが出来ます。
デリケートで扱いに慎重さを要するプラスチック製品の成形には、フッ素系離型剤一択でしょう。

ゴムチューブの品質担保に大きな役割を演じている離型剤

ゴムチューブは、液体もしくは気体をある地点から他の地点に運ぶために使われる製品です。チューブの中は密閉状態が維持されるため、外気に触れて細菌やウイルスによるコンタミネーションが起こる危険がなく、また、一定の速度を維持して空気や液体を送り続けることが出来るのは、内径がどこをとっても同じだからです。このような性能は、医療器具・機器において特に重宝されています。
ゴムチューブのこのような品質を担保しているものの一つに、離型剤があります。ゴムチューブの形を作るためには金型を使う必要がありますが、成形後に金型からゴムチューブを取り出す際、離型剤を使っていないと、チューブとしての形状を維持できない可能性があります。それは、チューブが金型と接している部分で粘着して、力を入れて剥がそうとすると、チューブが途中で切れたり、壁が剥がれて薄くなったりするためです。金型表面に離型剤を塗布してあれば、このような事態にはならず、ゴムチューブを傷めることなく型から分離出来ます。
特に、極度に細いゴムチューブや、チューブは太くても壁が薄いタイプのゴムチューブを成形する場合は、離型性能が高いフッ素コーティング剤を使った離型剤を利用するといいでしょう。フッ素系離型剤は、金型に塗布する量が少なくても、確実に離型効果を発揮してくれるので、経済的というメリットもついてきます。


フッ素系離型剤をお探しなら「フロロテクノロジー」をチェックしましょう!求めている商品が必ず見つかりますよ!

article

information

このページのトップへ