遮光瓶

幅広い用途に使えるフッ素コーティング離型剤のメリットを知ろう

フッ素系離型剤を使って成形プロセス全体のコストダウンを図ろう

製造業で利益率を高めるためには、販売利益を上げると同時にコストダウンを図る必要があります。製造業の仕事の中でも中核をなす製品の成形プロセスでコストダウンを図るためには、例えば、原材料をより安い値段で仕入れる、成形に使う金型や離型剤もローコストで調達でき、かつ丈夫で長持ちするものでメンテナンスにむやみと経費がかからないものを選ぶなど、検討すべきことは無数にあります。離型剤に関して言えば、意外に思われるかもしれませんが、引火性のないタイプを選ぶことも、コストダウンにつながります。
というのも、引火性がある離型剤を使うと、現場で準備する量によっては、危険物を扱うのに適した環境になるように、作業場を整備する法的な義務が課せられる可能性があるからです。この義務が生じると、インフラそのものの仕様変更が必要になるため、多額のコストをかけざるをえなくなります。
幸いなことに、フッ素コーティング剤を活用した離型剤は、溶剤として不燃性のものを使った引火性のない製品があります。こちらの製品を選ぶことで、成形プロセス全体のコストコントロールが容易になる上に、安全性にも配慮できることになります。是非採用してみてはいかがでしょうか。

article

information

このページのトップへ