遮光瓶

幅広い用途に使えるフッ素コーティング離型剤のメリットを知ろう

成形作業をスムーズに継続して行える離型剤が総合的に見れば経済的

成形作業で使う離型剤を、仕事に必要な物品として購入する際、誰しも様々な離型剤の販売価格を比較して、安くて性能がいいものを探そうとするでしょう。しかし、販売価格だけで離型剤の経済性を判断できるかというと、ちょっと難しいかもしれません。
例えば、フッ素コーティング剤を使ったフッ素系離型剤だと、離型効果を発揮する本体は、フッ素樹脂塗膜です。フッ素樹脂塗膜は、非常に薄いものでも、非粘着性という離型に必要な効果を示します。つまり、販売価格が仮に高額だとしても、少ない使用量で確実な離型が出来るのであれば、コスパという面ではむしろお得ということがあり得ます。
更に、フッ素系離型剤には、現場で追加塗布が簡単にできるタイプの製品があります。これを成形作業の現場に常備しておけば、離型が当初ほど綺麗にできなくなってきても、その場で追加塗布して、離型性能をもとのレベルに引き上げることが出来ます。その分、成形作業を中断する時間も短くすることが出来るため、より多くの製品の成形が可能です。これが出来ないタイプの離型剤は、仮に販売価格が安くても、全体としてみれば、コスパはいまいちかもしれません。
離型剤の経済性を比較検討するには、このように、全体としてどうかという観点を忘れないようにしましょう。

article

information

このページのトップへ