遮光瓶

幅広い用途に使えるフッ素コーティング離型剤のメリットを知ろう

応用の幅が広いフッ素系離型剤を選択しよう

離型剤としてよく知られているものは、ワックス系とフッ素系です。両者の違いは、離型効果を発揮する成分の違いで、後者の場合は、焦げ付かないキッチンアイテムで有名なフッ素コーティング剤が主成分として使用されています。
ゴムやシリコンの製品を成形するのにどちらの離型剤を使うか、選定のポイントは様々ですが、フッ素系を選んでおくと、対応できる製品の幅が広くて便利かもしれません。もし、扱っている製品の形状が、シンプルな球体やボックス型などばかりで、さほど多くの製品を一度に大量生産しなくて済む状況であれば、ワックス系でも対応可能でしょう。
しかし会社が成長して、より幅広いタイプの製品を、生産スケジュールに追われながら製造しなければならなくなった時、そうした厳しい要請に応えられる離型剤はフッ素系の方でしょう。フッ素系離型剤では、ワックスの塗膜よりもはるかに薄いフッ素樹脂の塗膜が離型効果を発揮するため、薄型製品を扱うようになっても、問題なく離型できます。またフッ素系離型剤は、ワックス系と違って、成形物にこびりつかないため、成形物を洗浄する手間がいらない上に、数多くの連続離型に耐えるだけの持続性を備えています。大量生産に向いた離型剤と言えば、やはりフッ素系ということになるでしょう。

article

information

このページのトップへ